春から夏のスポーツでは紫外線カット重視!

春から夏のスポーツでは紫外線を防ぐためのウェア

紫外線対策をするといいますと夏から行う人がいます。
確かに夏になると日差しが照りつけます。
すぐに日焼けをしますから、紫外線を浴びている感覚を感じるでしょう。
しかし実際には1年中紫外線は降り注いでいます。
となると、1年中紫外線対策をしたほうが良いことになります。
冬に関しては、ある程度着こむことになるので、それほど必要ありません。また、日中においても、あまり強い紫外線が降り注ぐわけではありません。問題は、春になります。
春は冬があけて、ぽかぽか気持ちいい季節です。

ですから、半袖などを来ていると心地良いのです。

1日過ごしても日焼けしません。
でもしっかり紫外線は浴びています。
すぐに影響が出なくても、少しずつ出てくるのです。

春から夏にかけてスポーツをすることがあります。
特にアウトドア系であれば、外で活動することになります。
その場合には、少しでも紫外線を防ぐためのウェアを身につけるようにします。
最近のものは、最初から紫外線対策をしているものが出ています。
それらを着るだけで一定の効果が得られます。
基本としては、肌の露出は控えたほうが良いです。

紫外線対策をしている長袖、長ズボンのものを着用するのです。

でもどうしても半袖やラニンニング、ショートパンツなどを履きたい場合は、紫外線防止のクリームなどを露出するところに塗るようにします。
それによって、対応はできます。
時間が経過すると効果が薄れてくるので、定期的に塗る必要があります。

着るもののとき、上下の服の部分だけ対策をすることがありますが、それ以外の部分も気をつけます。
帽子はかぶるようにしましょう。髪の毛があるから守ってくれそうですが、髪の毛自体が傷んでしまうことがあります。
ダメージを与えるのはよくありません。また、目も対策が必要です。

サングラスをつけるなどの工夫が必要です。

濃い色のものを使いがちですが、あまり濃すぎるのは逆効果のこともあります。
薄い色でも、紫外線対策がしていれば効果があります。

Copyright (C)2014春から夏のスポーツでは紫外線カット重視!.All rights reserved.